読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷たい人たちばっかかよ!

 調書によると少女は14年4月のある日、被告の外出中に鍵のかかっていない玄関から外出。近くの公園で子連れの女性に助けを求めようと「少しいいですか」と声をかけたが、「忙しいから無理」と相手にされなかった。

 この直後、回転灯をつけた防犯パトロール車の運転手と目が合い助けを求めようとしたが、車は走り去った。少女は被告宅に戻り、午後に再び公園に行って高齢女性に声をかけたが「無理です」と言われたという。

周りの人間が助け合う社会が変化して、見て見ぬ振りする社会になったのならもっとセキュリティ強化に乗り出すべき。

学校の登下校を生徒だけで歩かせるなんてもってのほか。

今回は起きてしまってから助けを呼んだ結果、誰も助けてくれなかったわけだけど、被害者側ももう少し大胆に助けが呼べればと思ったが…。

人間本当に困ったときは周りの人間に迷惑ぐらい掛けていいと思うけどね。

大声で助けが呼べないなら勝手に家にあがって、隠れても後でわけを話せばいいし。

周りが助けてくれないなら周りを巻き込んで助けてもらう術を学校と親が教えるべきだと思う。